私の祭☆記録


第2輌:北村成車:成岩地区:半田市

第2輌:北村成車:成岩地区:半田市

祭礼日
4月第2土日
見所
  • 成岩神社への打ち込み
  • 善六角の出会い・曳き別れ
創建年

大正13年

主な彫刻
  • 壇箱 「元寇」(初代彫常)
  • 脇障子 「元寇」(初代彫常)
  • 持送り 三ツ巴浮彫り(初代彫常)
  • 大幕 緋羅紗地に牡丹・唐獅子の刺繍
  • 後幕 成車の金刺繍
  • 追幕 緋羅紗地に鷹・松の刺繍
  • 水引 紫羅紗地に鳳凰の刺繍

半田博物館 展示解説より

成岩神社の祭礼に曳き出される山車は四輌である。成岩神社に最も近い宮本である南組が、初めて山車を建造したのが宝暦2年(1752)であり、当初祭礼に曳き出される山車は1輌であった。嘉永2年(1849)の『本成岩神事祭礼』によると、北村・南・西馬場・東馬場の四組があり、うち南組は山車、他の三組は獅子舞を奉納したようである。北組の『大獅子・小獅子の舞』は格調高く現在も継承されており、県指定無形文化財となっている。幕末から明治にかけてのことは不明な点が多いが、現在のように四輌のだしがそろったのは大正年間で、成車が建造されたのは大正13年のことである。

一般に山車彫刻は長い年月をかけて徐々に入れるものであり、完成までに数十年を要するが、成車は一気に建造しているため、全体の調和がよくとれている。特に、彫刻は初代彫常(新美常次郎)の最も充実した作品が入っており、上半田北組唐獅子車、下半田中組祝鳩車などと並んで彫常の代表作の一つとされている。主要彫刻の図柄は時代を反映して壇箱、脇障子、前山蟇股等『元寇』の図柄で統一されているが、細部には『牡丹に唐獅子』等の伝統的なものもある。彫刻はすべて紫檀、黒檀、鉄刀木、欅などの唐木を用い、持送りの巴には18金を使うなど、贅を尽くしている。

幕類については、吹流しを除いて昭和57年に新調、面目一新した。

ページの先頭へ

ページの先頭へ